看護の日

main1.jpg
期待と不安が入り混じった表情ですが、4月2日よりオリエンテーションが開始となり、4月5日からは配置部署での第1歩をあゆみ始めたところです。
千葉東病院では、コーチと呼ばれる先輩看護師(5~6年目の看護師)と歳の近いサポーターと呼ばれる看護師(2~3年目の看護師)が新人を指導していきます。
4月は技術面での不安を解消するために、毎週金曜日 中央研修で技術演習を行っています。
演習の講師は看護師長と副看護師長が教えてくれるので安心です。
学生時代の知識と技術を思い出しながら集中して勉強できる時間を確保しています。

sub001.jpg体位変換のデモンストレーションを見て、実際に自分たちでも体験してみます。
すぐに病棟でも必要となる技術のひとつです。

s2.jpg採血の練習は本番さながらに、同じ物品で練習をします。模擬血がきちんと採血できるかドキドキしながらの練習です。

s3.jpg輸液ポンプの操作を一つひとつ確認をしていきます。
マンツーマンでの指導なので、遠慮なくわからないことが聞けます。

s4.jpg吸引の練習です。
模擬痰を実際に吸引していきます。
感染防止のゴーグル付きマスクを装着した上で、手順を確認しながら行います。
正確に安全に実施できるように真剣です!

病棟でも先輩看護師と実施していきながら、確実に実施できるまでチェックリストで振り返りを行って、技術を習得していきます。

ページ上部へ戻る